築地のマグロ競り見学


Warning: Use of undefined constant ga_strikable_after_myoption - assumed 'ga_strikable_after_myoption' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/diypapa/diypapa.com/public_html/wp-content/plugins/simplest-adsense-ads-manager/simplest-adsense-ads-manager.php on line 257

朝の4時半に市場に到着。寒!

身内が中で働いているということもあり、マグロ競りというのを一度ナマで見てみたかったので子供の社会見学を兼ねて一家で連れてってもらった。

場内はあの電動三輪車があちこちで行きかい、とてもせわしくてここを歩くにはまるでアジアの信号の無い道路を横断するときのような緊張感が常にある。

マグロの競り場所に行ってみると5時から6時15分まで見学区域というのが設置されていた。

築地 マグロ競り 見学

競り自体は5時30分からあちこちで始まり6時15分で終了した。5時の時点では見学者はまばらだったが5時30分には見学区域内は身動きできないほど混雑していた。6時15分に競りが終わって出てみると入れなかった観光客が沢山待っていた。

見学者のほとんどは外国人観光客で、みなカメラやビデオ撮影に夢中である。競りでは指の動きで意思表示するのでフラッシュが邪魔らしいことから警備員が「No Flash」の看板を一生懸命振っていた。しかしフラッシュの止め方を知らないアホ外人が多く、フラッシュは焚かれまくりだった。こうなってしまうのも無理ないか・・・。

築地では子供が一際目立つらしくて、マグロ競りでは中の人に横たわっているマグロからえぐった身を試食させてもらったり、会社の名が入ったメモ帳みたいな景品をどっさりくれて(邪魔で迷惑かけるのに)かわいがってくれた。場外でもお菓子を包んでくれる店もあった。

朝が早いので電車はきついかも知れないが、駐車場がそばにあって24時間営業、30分200円とあった。しかし、バイクやら3輪車やらあちこちから飛び出してくるのでこの付近の運転は怖い。

大きな地図で見る
とりあえず築地はまた行ってみたいと思うところであり、場外の魚屋や乾物屋巡りも含めると市場で扱う商品ではアメ横より面白いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。