カテゴリー
親業

五十にしてポケモンGOを知る

いまごろになってポケモンGOというスマホゲームを始めた。
一昨日アカウントを取ってがんばって今日はレベル10になった。

それまでポケモンGOなんてニュースとかで知ってはいたが、そもそもPCやスマホのゲームというのにあまり興味はなく、神聖な神社仏閣ではしゃいでいる連中を見かけると嫌悪感を抱くくらいだった。

ところで僕は「~パパ」なんてハンドルつけるくらいの超親バカである。
どれくらいかというと自分のスマホに娘アカウントのポケモンGOをインストールし、セブンイレブン等のポケストップに立ち寄ったら道具をゲットしてあげていたのである。

珍しいポケモンがいてもゲットしてあげ、リサーチのタスクをこなし、ジョギングで「歩く距離」を稼いであげたりまでもしていた。

そしてもう十分だろうというところまできた時、今度は自分のアカウントで1から成長してみたくなってしまったのである(笑)

自分はオカシイのかと思ってポケモンGOについてちょっと検索してみると、なんと若い世代より中高年・シニア世代の方が人気が上だというではないか!www ε-(´∀`*)ホッ

このゲームはGPSを使う。様々なところに出掛けて行く必要があるため引きこもりすることがなくなり、そして歩く距離もゲーム要素になるのでウォーキングして健康になるという。

操作やルールはシンプルで分かりやすく、基本無料でスマホだけあれば遊べてしまう。

今日はまぁまぁ天気も良かったのでクロスバイクで40kmほど走ってきた。

もちろんポケストップやジム巡りである・・w

今日1日でポケモン100匹と道具を300個ゲットした
カテゴリー
旅行 親業

軽自動車で車中泊

娘と千葉から宮崎まで軽自動車で行ったときの話。

9月も中旬になりずいぶんと涼しくなってきたので、寄り道しながらの5泊を車中泊で乗り切った。
宿を決めないとスケジュールが自由になる。ノープランで適当に道の駅で寝泊まり。
とりあえず奈良と高知と長崎を観光してみた(゚∀゚)

一泊目:奈良・道の駅針テラス
二泊目:愛媛・道の駅霧の森
三泊目:高知・道の駅布施ヶ坂
四泊目:長崎:道の駅 長崎街道鈴田峠
五泊目:長崎:道の駅 長崎街道鈴田峠

車中泊で暑い時はウィンドーネットを使った。設置も簡単で快適だった。

お風呂は道の駅の近くに日帰り温泉が結構あるし、洗濯も街中に入ればコインランドリーが沢山あって待ち時間に食事しちゃうとか。

夜、道の駅に駐車したらそそくさとシートを倒して、ウィンドーネット掛けたり一応プライバシーで窓にタオル掛けたりし、寝袋を敷いて寝るセッティングをしたら、カーナビのテレビを見ながら酒を飲みつつ、スーパーで買った総菜をつまんで夕食。21時も過ぎれば眠くなって寝てしまう。
夜が明ける5時とか6時には目が覚め、支度して出発し、コンビニで朝食。

だいたいこんな感じのパターンで車中泊していたが、慣れたらけっこう快適に過ごせてしまうようになっていた。

とにかくスケジュールを当日に決め、その日の目的地のチェックイン時間を気にしなくていいから観光がじっくり楽しめる。
キャンピングカーならもっと楽しいんだろうなぁ。

カテゴリー
DIY 親業

スペーシアにバックモニタを取り付けた

娘が免許を取って1カ月経った。
未だにバックは苦手である。

この前、家の車庫入れで後ろのバンパーを少々破壊していた。

軽自動車の大きさでバックモニタなんていらないと思っていた。
だが、初心者の運転技術というのは予想を超え、思いもよらぬハンドル捌きを見せつけるものである。

とりあえずこの程度で済んで良かった。
今後他人の車にぶつけでもしたら大変なので、バックモニターなるものを取り付けてみた。

カーナビは5~6万円、バックカメラとコネクタ配線など入れると全部で7万円くらいかかった。

オーディオの交換は大したことはないが、バックモニタの配線がオーディオまで這わせたり、他にテレビアンテナやGPSアンテナとかもあったりでなかなか面倒だった。まる1日かかる。
店で取り付けると工賃が1~2万円くらいかかるらしいが、納得した。

カーナビを使ってみる。やっぱり専用品は表示も大きいし見やすい。
いちいちスマホをダッシュボードにセットしなくていいし、視野がすっきりした。

いままでスマホばかりだったからなんか新鮮だ(笑)

カテゴリー
親業

ハムスターを飼う

カインズホームでハムスターを買ってきた。

ジャンガリアンという血統書付きで1匹 1200円。
エサは500円くらいだし、床材の木屑もたいしたことない。

やはりハムスターは最強のコスパペットだ。

カテゴリー
親業

運動会日和

今日は百足レースに参加した。

対戦相手は中学2年生。
あっという間に置き去りにされ、トップがゴールしていた時まだ半分も進んでいなかった・・

最後尾(笑)