大学選び

大学入試シーズンになり願書の締め切りが迫っている。
特に私立は入試日がはやいので早々に大学を選定して願書を出す必要があるが、長女は宅浪で予備校に通っていないから入試に関する情報は自分で収集しないとならない。

医学部志望なのだが、今や医学部の人気は凄まじく、国立医大は東大(理三除く)レベル、私立医大は最低でも早慶レベルが必要と言われている。

長女のスペックは、小学校1年の時から父が家庭教師となって勉強を見続けて公立中学校成績はトップクラス、県立トップ高校の受験に失敗したものの滑り止めの私立中堅進学高校に学費免除特待生で入学し、卒業時は首席学長賞を受けたほどだった。
可哀想なことに家は貧乏な田舎暮らしゆえ、z会の通信講座と1浪目に近くの衛星予備校に1年通わせただけであとは自学のみだったせいか、医学部受験では補欠合格ばかりでもう3浪している。

あとがない本人には出来るだけ勉強に集中できるように、情報収集してどの大学を受けるかを選ぶのはもっぱら父の役目になっていた。

国立大学医学部

なんと言っても学費が安い国立。
一般学部と共通の学費で入学金28.2万円、年間53.6万円と、6年間の総額では350万円しかかからない。

一般家庭の収入でも十分行けることから、昨今の不況下においては東大京大行くような連中もこぞって医学部シフトしてしまい、国立医学部というのは超難関になってしまった。もはや国立に入れるならどこでも構わないという状況なので、全国すべての大学を対象に選ぶのが当たり前の世界となっている。

基本的に国公立医大は都道府県に一つずつあるわけだが、各大学によって入試科目の配点率などに結構ばらつきがある。
配点の大きい科目が娘の得意科目に合い、配点が小さい科目が苦手科目になっている大学を探していくわけである。

何校かに絞れたら実際に過去問をやらせてみて高得点がとれそうな大学を探していく。
そして最終的にどこを受けるかをセンター試験の自己採点結果で決めるのである。
大学によってセンター重視なのか二次重視なのか、どこが倍率が下がりそうかなどの動向見極めが必要あるからだ。
3浪もしていると予備校のチューター並みの知識になっていくものだな(笑)

ちなみに防衛医大は国立大とは別に受験できて、学費・衣食住が無料なうえ給料も月11万円ほど出る。去年補欠まで行ったが結局駄目だった。受験資格に年齢制限があってここはもう受けられない。

私立大学医学部

私立の学費はべらぼうに高い。とにかくもう6年間にかかる学費をみて、破産寸前までの許容範囲を見極めて決めるしかない(泣)
ここにランキング表があるが、昨年出来たばかりの国際医療福祉大学が最安値で約1900万、最高値に至っては川崎医科大学約4700万円がある。
サラリーマン家庭だと、奨学金を受ける前提で全貯蓄をはたいてもなんとかやっていけそうな大学はせいぜい2000万円台前半だろうか・・?
当然、学費ランキングと難易度の偏差値は比例の関係にあり、安くなるほど難しくなるのである(笑)

そして目を疑うのは倍率だ。国立の倍率はだいたい一桁なのだが、併願可能な私立は20とか30倍はざらだから私立のほうが難しいのでないかと思えてくる。

とにかく学費が半端でないので一人暮らしも難しい。
受験料も1校につき6万円だから、やみくもに受けることも出来ない。
厳選して国際医療福祉大学と東邦大学に願書を送った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください