クロスカントリーライド



正月からずっと食べて飲んで寝ていたせいか体が重い・・・。
とりあえずなにか運動しないと、ってことで外に出たいのだが現在寒波襲来だそうで、窓の外を見ると木々の枝が激しく動いているしとても寒そうだ。川沿いでのジョギングは吹きさらしだし、ロードバイクじゃさらに風との戦いでほとんど修行に近い。

さいわい我が家の北側には里山が連なっていて、5km区間だが林道が存在している。林の中なら風が弱いと思ってチャリで出動した。ビバ田舎暮らし。

なだらかな林道がほとんどだが、険しい道もあって林道というより登山道?それも部落の所有林でゲートもあるからけっこう荒れている、クロカンというよりアドベンチャー。

柔らかめの土に落ち葉も多く、スリックタイヤではかなり厳しい。スリップしながらもなんとか登っていく。

息もあがってきて、5回に1度は深呼吸する。

路面はダートというより雑木林の中だからまるで埃っぽさが感じられない。

空気はすごく冷たいが澄み切ったマイナスイオンそのものという感じで生き返る。


もうお昼だというのに地面はまだ霜柱が立っていて、ギュウギュウと音をたてながら山を登っていく。

やはり風は強く、ときどき木々の枝が激しく揺さぶられる音に寂しい冬の季節を感じる。


この荒れた山道はむしろ冬のほうが道を塞ぐ雑草もなくなり、虫がいないから走るのが快適で楽しい。実際、夏季は蜘蛛の巣が酷くて走れたもんじゃなかった。

森林が冷たい北風を遮ってくれるし。


奥の方まで行くと倒木やガレ場など足を着かずに走り切るのはかなり厳しいや。

ブロックタイヤとサスペンションがあれば・・・やっぱりちゃんとしたMTBが欲しくてたまらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください