石材で表札を作る

生前墓地だがこんど墓石を建てる予定なので石材屋と仲良くなり、石材見本のプレートを何枚か戴けることになった。
そこでグラスリッツェンの要領で名前を彫り表札を作ってみる。

墓石に使用される御影石といえば国産もあるが今はほとんどが中国産がほとんどである。
外で使用する御影石の美観的な耐久性は硬度と吸水率が関係しているようで、インド産は中国産に比べて優れている石が多い。(値段も倍以上するが。)
この石プレートはインド産の高級御影石で黒地に緑の斑模様が入っている。

さて、複写紙でプレートに名前のラインを付ける。

石材プレートの表面はよく研磨されているのでリューターで軽く削るだけで名前がはっきり浮き出た。

高級感があって良い感じ 😉

“石材で表札を作る” への2件の返信

  1. お久しぶりです。本年も宜しくお願いいたします。

    これまた、いいものをいい感じで作られましたね。
    また欲しくなっちゃいました。(^^ゞ

    ところで、皮巻きボタン、試作のまま作れてません。
    なかなか本番に移る暇がなくて・・・

    でも、必ず完成させますね。

    パパさんも更新が少なくなって忙しそうですね。(^^ゞ
    ま、ボチボチがんばりましょ。

    1. お久しぶりです。
      ボタン、難しそうですね。他のものにてをつけるとなかなか着手できないもんですよね。
      娯楽なのでじっくりやるのがいいと思います 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。