ダイニチ石油ファンヒーターの修理

我が家のダイニチ石油ファンヒーターで、去年の持ち越し灯油を使用したら、エラーコードE02とかE03が表示されて途中で消える不具合が発生しだしてしまった。

いろいろ検索してみると、どうやら「気化器」というのが詰まってるとみて間違いない。

ダイニチサイトでパーツリストを見るとこの気化器は3000円くらいなのだが、アマゾンでも販売しているものの値段は倍近くの6000円前後で売られている。下のamazonリンクでも分かる通り本体ごと買っても9000円ほどで買えるんだから、気化器だけ買うのはちょっと馬鹿らしい。

ダイニチ 家庭用石油ファンヒーター Sタイプ プラチナシルバー FW-3214S-S

ということで、気化器を自分で分解清掃してみた。思いのほかうまくいったので記事にしてみたが、一応お約束事な注意事項・・・自己責任でやってますので絶対にマネしないでくださいね 😉

石油ファンヒーターは定期的なメンテナンスが必要らしいので、これは自分の備忘録としての記事です。
“ダイニチ石油ファンヒーターの修理”の続きを読む

風呂ガス給湯器を治す

エコキュート全盛期の時代、うちのお風呂は古い家の設備のまま田舎なプロパンガスによるガス給湯器を使用している。それが最近お湯を出すときにエラーが発生するようになってきてしまった。20年以上経っているのでそろそろ寿命なのかもしれないが、娘の大学受験が控えてるので出来るだけ余計な出費は抑えたいお父さんであった。

リンナイ 風呂ガス給湯器

リモコンに表示されるエラーコードは「U1」。給湯側で点火しないエラーらしい。

実は数年前にもエラーが発生し、すぐにガス屋に交換の見積もりを出してもらったとき、点検の際の簡単な内部清掃で治ってしまった経緯があった。
またそうなることを期待して分解清掃を試してみる。

ボイラーのフタを開ける

蓋を開けてほうきでホコリを吐き出していたら、下の写真であるパーツからオレンジ色のコードが2本つながっていたのだが、そのうちの1本のコネクタが腐食で折れているのを発見した。今までエラーは時々だったのが、このあとのテストでは完全にエラーになるようになってしまった。ほうきで叩いているうちに完全にもげてしまったのだろう、原因はほぼこれに間違いないか?

ソレノイドのコネクタ破損

電気屋の友人に相談すると、点火機能に関係するソレノイドというパーツらしい。原因を断定するために接触させてお湯を出るかテストしたら?とアドバイスもらい、やってみるとエラー無くお湯が出るのが確認できた。

さっそく折れた箇所の接触面を削ってきれいにし、半田でコネクタをくっつけた。手放しでお湯が出るようになり、またしばらく寿命を伸ばすことが出来たようだ。

ハンダ付け

今のところ何事も無くまた稼働し続けている。新品交換だと20万弱はいくので助かった。

ああ娘よ、頼むから国立に受かってくれ・・・。

実体顕微鏡で自由研究

娘が自由研究にアサガオの生態について調べだした。
家にあった顕微鏡はプラスティックでほとんどおもちゃみたいだったので、実体顕微鏡 ST-30R-Pを買ってあげた。

いろいろ調べてみるとプレパラートを作らなくても観察可能な実体顕微鏡というのが手軽で楽しいらしい。

結構この双眼の実体顕微鏡というのは高いもので、コスパの最も高いと思うモノタロウブランドのものにした。オリジナルサイトで購入できるんだが登録が個人事業者や法人向きである。でも同値でアマゾンで売っていた。

デジカメで撮れたら再更新したいと思います。

クラブ旗の自作

趣味のバイククラブの旗を手作りしたので手順をご紹介。

集合写真用のクラブ旗
完成したクラブ旗

家に60×90センチの帆布あったのでちょいと小さいが衝動的に旗を作りたくなった。やはり集合写真を撮る時に旗があると締まるし、何よりチームの団結力が強まるのではと思う。

部旗、クラブ旗、団旗、横断幕など旗製作は業者に頼むのが普通だが、値段は小さくても1万円、大きくしたり色数を増やせばどんどん値段が跳ね上がる。手作りなら味もあるし、何色使っても手間は一緒だ。

“クラブ旗の自作”の続きを読む

セイコー5の分解・清掃

手軽な価格で売っている自動巻き腕時計のSEIKO5はお気に入りの時計だ。
軽い防水仕様だと思うのだけど、購入して数年が経ち、そのセイコー5のガラス面内側が曇ってしまった。
分解して内側から拭いてやるとしよう。

SEIKO5のガラス内側曇り
SEIKO5のガラス内側曇り

“セイコー5の分解・清掃”の続きを読む

墓石をDIY

新規に墓を建てることになった。生前墓なので気が付けばまるで記念碑を制作するような感覚でオリジナルデザインにしてしまった・・・ :mrgreen:

墓石の影彫り
墓石の影彫り

墓石にDIYする人はあまりいないと思うが、彫刻されていない状態で納入してもらって自分で影彫りすることにした。影彫りというか、グラスリッツェンの要領で絵を書いていった。

墓石に絵を描く
家族揃って墓石に絵を描く

それにしても新規で墓を建てるって結構大変なんだなと思った。生前墓だから時間に余裕があるのでだらだらやっているが、思い立ってから墓が建つまではもう1年掛かってしまうペースだ。

墓選びはまず場所を寺にするか霊園するかとか立地探しから始まる。インスピレーションで即決できればラッキーだが、選択肢は多いほどいいので可能な限り見学するのがいい。1日で周れるのは2,3件がせいぜいで、だいたい自宅から近いところでそこそこなところに落ち着くとは思うが、探し尽くして決めたのであれば後悔することはない。でも見学するほど考え方や価値観が変わってきてワケワカラなくなることもしばしばだけど。

場所が決まれば墓石のデザインや石の種類を決める。石の種類なんかこだわると結構奥が深い。安くてメジャーなのは中国石で、こだわると国産、インド産や南アフリカ産などがある。
どの石も一見して差がよく分からないので最初は廉価な中国産でいいと思っていたのだが、研究していくとどうやら耐久性に差があるらしい。その耐久性を左右するのは吸水率と硬度で、吸水率が低くて硬度が高いほど良いようだ。吸水率については雨の日やその翌日など石の濡れ方や乾き具合を見ると石によって差があるのが結構分かる。
古い霊園に行って年数が経ったものを確認すると石材の違いで劣化度も大きく差があることを実感した。

最終的に値段は高いがメインの石は文字を入れるので模様のない真っ黒で高硬度のインド産のクンナム、床材等には文字入れしないので石目が綺麗で高硬度なインド産のアーバングレーを使った。ただし、人目に触れない基礎部材と雨があたらないカロートは安い中国産のG636を使うことにした。

急に身内が亡くなってからやるとかなり忙しく、楽しんでやる気分にもなれないと思うので、生前墓はおすすめと思います。

長期間放置の不動草刈機のエンジンを掛ける

友人が不動の草刈機を持っているというのでネタにするべく預かってみた。
預かってみるとパパがよくネタにする共立AT203Gが・・。

共立AT203G
共立AT203G

“長期間放置の不動草刈機のエンジンを掛ける”の続きを読む

石材で表札を作る

生前墓地だがこんど墓石を建てる予定なので石材屋と仲良くなり、石材見本のプレートを何枚か戴けることになった。
そこでグラスリッツェンの要領で名前を彫り表札を作ってみる。

墓石に使用される御影石といえば国産もあるが今はほとんどが中国産がほとんどである。
外で使用する御影石の美観的な耐久性は硬度と吸水率が関係しているようで、インド産は中国産に比べて優れている石が多い。(値段も倍以上するが。)
この石プレートはインド産の高級御影石で黒地に緑の斑模様が入っている。

さて、複写紙でプレートに名前のラインを付ける。

石材プレートの表面はよく研磨されているのでリューターで軽く削るだけで名前がはっきり浮き出た。

高級感があって良い感じ 😉

刈払機(共立AT-203G)のキャブレターメンテナンス(ダイヤフラム交換)

最近またエンジンの掛かりが悪くなってきた。キャブを分解すると2年前カインズで適当に買ったダイヤフラムがカピカピになってしまっている 😯 (ガス欠にしてから保存するようにしているというのに・・・ 🙁 )

そこで2年前の記事で紹介させて頂いたキャブレターパーツドットコムでダイヤフラムを注文してみることにする。

キャブをばらしたところ

 

“刈払機(共立AT-203G)のキャブレターメンテナンス(ダイヤフラム交換)”の続きを読む

ノートPCの液晶バックライト交換

画面が真っ暗!またか・・・。頻繁に蓋の開け閉めでサスペンドさせるパパのノートはしょっちゅうバックライトが切れる。

液晶が真っ暗

ジャンクノートが好きで数えれば目の前に8台確認できるパパなのだが、今回交換するのは仕事用の東芝Satellite J11(J32の15インチ液晶に交換)と寝室用で画面の明るさを暗くさせると赤くなるThinkpad A21e(13.3インチ)である。

ちなみに自分で行うバックライト交換はかなり敷居が高く、安易に出来るものと考えてはいけない。変な影が下のほうに出来たりするのも覚悟の上だ。完璧な映りを期待するならやはり専門業者に出したほうがいいだろうが、その値段を出すなら新しいノートを買ってしまうし、バックライト交換するような古い機種は自分で交換して安く済ませたいでしょう?

“ノートPCの液晶バックライト交換”の続きを読む